ただ処分するだけの行為ではない

合掌

引っ越しや他の理由によってどうしても仏壇の世話ができなくなった場合や、買い換える場合に仏壇処分はおこなわれます。ただ仏壇自体は木の箱ではなく、実際には開眼供養がおこなわれており、そこには魂が宿っていると考えられています。もちろん宗派によっても考え方が違っているし、地域によってもお仏壇の扱いや儀式に関しては違っているので、どこでも同じ扱いというわけではありません。ただ今まで使ってきたお仏壇は、木の箱ではなく故人を供養するための大切なものなので、簡単に処分すべきものではないといえます。そこでおこなわれるのが閉眼供養と呼ばれるもので、これをおこなって仏壇の役目を終わらせることができます。そしてその後正しい方法で処分するのが、現在一般的に選ばれている仏壇処分の方法となっています。

まずは閉眼供養

仏壇

仏壇は個人を供養するために開眼供養をしてから利用するため、一般的に処分する際は閉眼供養をまずしてから処分ということになります。その際自分たちでも処分することはできますが、専門業者や菩提寺、あとは自治体などに依頼することが可能です。また買い替えの場合は新しい仏壇を購入したお店の方で引き取ってもらうこともできるので、いくつかの方法から処分方法を選ぶことが可能です。現在利用されることが多いのが専門業者を利用する方法ですが、その場合は指定した住所まで来て処分費用の見積もりを出してもらったりするサービスが展開されています。またすぐに仏壇処分してもらいたい場合は即日対応サービスも展開されているので、急ぎで処分したい場合にも利用可能です。

宗派に関係なく処分

仏壇

仏壇は仏教で利用するものですが、仏教にはいろいろな宗派があり、それぞれで仏壇、魂、故人の扱いなどに差があります。そのため、仏壇処分も全て同じ方法でできるとは限らず、その宗派によって全く違っている場合もあります。現在仏壇処分の専門業者では、ただ処分作業を進めるのではなく、その宗派に合わせた対応をしてくれるサービスも展開されています。また手軽な処分方法として、宅配便で業者の方に送るサービスもあり、利用者は自分の便利な方法を選べます。また閉眼供養などは利用者の方でおこない、業者は処分するだけという形のサービスもありますが、供養と処分を全てワンセットになっているサービスもあります。もちろんその人の予算に合わせた方法も提案してもらうことができるので、まずは見積もりだけと依頼する人も珍しくありません。また仏壇で使っていた備品もいっしょに処分するなどのサービスもあり、手軽に、そして簡単に仏壇処分ができるようになっています。

広告募集中